私の任意整理体験談

私の任意整理 体験談

毎月11万円以上あった返済が任意整理で4万円以下に

私の債務の始まり

借入先 借入額 返済額
銀行系カードローン 500,000円 20,000円/月
信販系クレジットカード 600,000円 40,000円/月
自動車系クレジットカード 300,000円 20,000円/月
通販系クレジットカード 300,000円 30,000円/月
信販系クレジットカード 交通費などで使用。
限度額は10万円
数千円/月

これが私の当時の債務でした。毎月11万円以上、多い時には15万円を超える月もありました。
返しては借りるのくり返し、まさに自転車操業です。
借金は減ることもなく利息を払うために働いているようなものでした。

 

クレジットカード

 

私は40代、既婚、子供二人。関西の小さなIT屋さんで勤めています。
2008年のリーマンショック以降仕事が激減。
リストラはされませんでしたが、減給、残業カットと収入は半分近くまで落ち込みました。

 

その頃からクレジットカードや銀行のカードローンへの依存度が高くなっていました。
ギャンブルにハマった訳でも、浮気に走った訳でもありません。
収入が激減したのに生活レベルを落とせなかった見栄の結果が招いた借金でした。

 

自転車操業を二年続けた結果

毎月11万円の支払い。
毎月毎月それだけのお金を捻出し続ける事は容易な事ではありません。
でも家族が居る身です。家計を回さないといけません。お金を払わないと電気やガスも止まってしまいます。

 

二年間自転車操業を続けた結果、子供の学資保険は借入で事実上空っぽです。
社会人に入ってからかけ続けていた生命保険も解約。万が一の蓄えすらなくなりどんどん追い込まれて行きました。

 

きっかけは偶然みつけたバナー

その当時、テレビのCMで過払い金請求や借金相談といった広告を目にする事はありました。
債務整理の知識もなく、自分には関係ないと思い込んでいたのです。

 

Webで調べ物をしている時に偶然みつけたのが「街角法律相談」のバナーでした。
匿名、無料で借金相談が出来ると記載がありました。

 

当時、明日の見えない自転車操業を繰り返していた私は吸い込まれるようにそのバナーをクリックし相談を書いてメールを送信していました。

 

司法書士さんからのメール

翌日、同じ関西エリアの司法書士さんからメールをいただきました。

 

相手が大手信販会社でも債務整理は可能、毎月の支払いを1/3に出来る可能性があります。

 

本当にそんな事が可能だろうか?私は半信半疑でした。
でも細かい事にも丁寧に返事をしてくださる司法書士さんに一度あってみる事にしました。
任意整理

 

司法書士さんと面談

小さな雑居ビルに事務所を構える若い物腰の柔らかい司法書士さんでした。
色々とお話を聞いていただき、任意整理又は自己破産をすすめられました。

  • 債務総額は4社で合計170万円。毎月の支払い11万でも生活が出来ずまた借りている。既に生活は破綻している。
  • 借り入れと返済を繰り返し、半年前と借入額が変わっていない。何かあるともう対応できないのでは?(自力返済は不可能)
  • 3社は任意整理に応じてくれた実績がある。1社は任意整理を持ちかけたら段階で法的措置に出るので有名な相手。
  • 支払い状況からすでに延滞でブラックリストに載っている可能性が高い。
  • 相手が大手金融業者と信販会社。違法利息はなく過払い金は期待出来ない。減額も難しいが将来利息カットなら可能

 

司法書士さんは以下のようにも説明をしてくれました。

自己破産のメリット

170万円の債務が全て無くなる、自己破産しても近所の人にしれたりはしない。私の場合は自己破産で失う住宅などの財産も無い。

自己破産のデメリット 家族全員の貯金や収入を裁判所に提出。
任意整理のメリット 将来利息のカット、最長5年の分割で毎月の支払いを1/3以下に出来る。家族に知られず整理も可能。ブラックリストに載る期間が自己破産より短い。
任意整理のデメリット 特になし(当時すでにブラックリストに載っていた)

 

私は任意整理を選択しました。
3社(合計132万円)を任意整理し、合意が難しい1社と限度額の小さいクレジットカードは対象から外し、このまま支払う選択をしました。

 

ポイントは家族に知られたくない(特に妻の両親)という事、そしてブラックリストに載る期間が自己破産より短い事です。当時40代後半に入っていた私にとって、10年はあまりに長いペナルティでした。

 

任意整理の費用

任意整理費用
司法書士さんから提示されたのは3万円×4ヶ月を司法書士さんに支払う案でした。
任意整理の手続きに入ると和解契約成立まで債務の返済が止まります。
返済開始を4ヶ月先まで遅らせるのでその間の返済分を任意整理の費用に充てるというものです。返済の練習も兼ねてという提案です。
私にすればありがたいお話なのでその案でお願いすることにしました。

 

督促が止まりました

任意整理をお願いしてから、督促が全く無くなりました。
支払い日を過ぎると昼も夜も電話が鳴り、声を潜めて待ってもらうお願いをしていた日々が終わりました。
督促

 

4ヶ月後、和解契約書が届き、精算金が振り込まれました

和解契約書
4ヶ月後、3通の和解契約書が送られてきました。その月の末から支払いが始まります。
最終的な返済額は3社で月22,090円、任意整理しなかった1社を含めても4万円以下です。

 

司法書士さんに振り込んだ12万円から実際にかかった費用を差し引き、9千円ほど精算金が振り込まれました。

 

支払い開始後、司法書士さんにお会いしてきました

特に必要はなかったのですが、仕事で事務所のそばまでいく用事があったので、お昼休みにアポイントを取っていただいて面談してもらいました。
任意整理手続きに入ってから、経済的にはかなり楽になりました。
お金が余る事はありませんが、足りない事もありません。なんとか返していけそうです。そんなお話をしました。

 

司法書士さんから最後にアドバイスをいただいた事です。

 

自己破産や任意整理をした人はお客様でありますが、リピーターにはなって欲しくない。
実際に二度三度代理人になるケースは少なからずあります。

 

借入に頼らず身の丈にあった生活をすることが大切。
困った事があればいつでも相談にのりますが二度とお会いしないのが一番良い関係。

 

司法書士

 

任意整理が終わって

任意整理したおかげでなんとか生活を基盤を取り戻せました。
最初の二年間は4万円/月ですが、その後は2万円/月に減ります。
楽ではありませんが、借金は日を追うごとに減っていっています。

 

振り返って言えるのは、債務整理をするならば一日でも早くした方が良いと言う事です。
私ももっと早く任意整理の事を知っていれば生命保険を解約したり、学資保険に手をつけたりせずに済んだのに.....そう思います。

 

早く任意整理に踏み切れば、失うものも最小限で済みますし、ブラックリストから消える日も早くなります。

 

メール相談は匿名、無料で出来ます。

本名や住所は伏せたまま、借金問題を相談することが出来ます。
債務整理することで借金がどのくらい減るかの診断をも匿名で受けられます。

 

任意整理や自己破産をするかどうかは相談してから決めればいいのです。
司法書士さんや弁護士さんに返済状況など診てもらうだけでも解決の手がかりが掴めます。

 

管理人の借金問題解決は匿名の無料メール相談から始まりました。
この無料相談をしていなかったら、きっと今も借金まみれのままだったと思います。
整理から一年半が経ちますが、相談して本当に良かったと思っています。

 

⇒ 街角法律相談所無料シュミレーター 匿名申込

 

 

街角法律相談所無料シュミレーター

ご自身の借金が債務整理可能かどうか知りたい場合は法律相談無料シュミレーターが便利です。

誰にも知られず匿名で法律の専門家に相談できます

街角法律相談所無料シュミレーター

管理人の任意整理はこの匿名メール相談サービスから始まりました。

  • 解決実績1万5,000件
  • 借金がどれくらい減るのか匿名・無料で診断
  • 匿名・無料のメール相談
  • 24時間受付

街角法律相談所無料シュミレーター

 

 

今すぐ取り立てを止めたいなら、法律事務所に相談しましょう。

初期費用ゼロ円、弁護士費用は分割にも対応しています。手元にお金が無くても依頼が可能です。

樋口総合法律事務所

債務整理の実績豊富な樋口総合法律事務所がおススメです。

  • 月600件以上の相談実績
  • 24時間 借金に関する無料相談
  • 初期費用 0円
  • 分割払いOK
  • 全国対応
  • 借金の督促がストップします

樋口総合法律事務所