任意整理 体験談とその後の生活 妻にも家族にも内緒で借金132万円を整理した実話

借金返済で家賃、公共料金を滞納しているなら

かつての私の話です。

 

借金が増えて返済の負担が大きくなり、これまで毎月きちんと支払えていた「家賃」や「電気代やガス料金などの公共料金」のお金が足りなくなりました。
残高不足で自動引き落としが出来ず、自宅に振込用紙が届くようになりました。

 

公共料金

 

賃貸契約では敷金といって保証金として預けているお金があります。
そのため家賃を滞納してもすぐに退去に追い込まれる訳ではありません。

 

電気やガスも支払が遅れてもすぐに止められる事もありません。
二ヶ月遅れくらいでも払っていれば電気もガスも使えます。

 

こんな状態が良いと思っているはずがありません。
でも返済をしないと金融業者から催促の電話が鳴り、そっちを優先せざるを得ません

 

そのため、結局、電話で催促のない、公共料金や家賃が遅れがちになっていきました。

 

一ヶ月遅れ、二ヶ月遅れが日常にます。
電気や水道が止まるギリギリになって工面してお金を支払う。
大家さんから催促されて期日ギリギリに支払う。

 

そんな生活が段々当たり前になって行きました。
そうするしか無かったのです。

 

遅れてでも支払えばいい、電気やガスが止まらなければいい。
今日生活が出来ればいい。もう感覚は麻痺していました。

 

でもそれで良いはずがないのです。
遅れている家賃や公共料金も借金なのです。

 

どこかで行き詰まって、支払えなくなったら住む場所が無くなります。
電気やガスが止まったらどうやって生活しますか?

 

本来、電気やガスがすぐに止まらないのは生きて行くのに必要なライフラインだからです。
社会的な安全マージンすら借金返済のために使っているという認識は忘れてはいけないのです。

 

毎月、公共料金の振込用紙が届く生活をしているなら既に危険な状態であるという事です。

 

任意整理をして、まず最初に遅れていた家賃や公共料金を正常に戻しました。
現在は再び、口座引き落としが再開して、振込用紙が届く事は無くなりました。

 

振り返ると恥ずかしい時期を過ごしていたなと反省しますが、当時は恥ずかしいとも思っていなかったのです。

 

任意整理などの債務整理はあくまで一つの選択肢です。
ブラックリストに載るデメリットもあります。
しなくていいならしない方が良いに決まっています。

 

でも、それを選択することで生活を早く立て直せるなら検討する価値はあります。
早く決断することで失う物も少なくて済みます。

街角相談所-法律-無料シュミレーター

ご自身の借金が債務整理可能かどうか知りたい場合は法律相談無料シュミレーターが便利です。
誰にも知られず匿名で法律の専門家に相談できます


街角相談所-法律-無料シュミレーター

管理人の任意整理はこの匿名メール相談サービスから始まりました。

  • 解決実績1万5,000件
  • 借金がどれくらい減るのか匿名・無料で診断
  • 匿名・無料のメール相談
  • 24時間受付

街角相談所-法律-無料シュミレーター




今すぐ取り立てを止めたいなら、法律事務所に相談しましょう。

初期費用ゼロ円、弁護士費用は分割にも対応しています。手元にお金が無くても依頼が可能です。

弁護士法人サンク総合法律事務所

債務整理の実績豊富なサンク総合法律事務所がおススメです。

  • 月600件以上の相談実績
  • 24時間 借金に関する無料相談
  • 初期費用 0円
  • 分割払いOK
  • 全国対応
  • 借金の督促がストップします

弁護士法人サンク総合法律事務所


関連ページ

任意整理後、車を持つ方法
任意整理後、自動車の買替や新規購入が必要になった場合のアドバイスをまとめています。
任意整理で私がまず最初に行った事
管理人が任意整理すると決めてまず最初に行った内容をまとめています。
任意整理時には整理対象外の借金も相談する
任意整理をする場合は、整理するしないに関わらずすべての債務(借金)を弁護士さんや司法書士さんに相談しましょう。その理由を説明しています。
法律無料相談はどこまで借金の相談に乗ってくれるの?
インターネットや電話の無料法律相談はどこまで借金の相談にのってくれるのでしょうか?管理人の実体験を紹介しています。
任意整理 返済期間の延長は可能?
任意整理後、再合意や返済期間の延長についてまとめています。
クレジットカードの申し込みは3ヵ月空ける方がいい
債務整理後、クレジットカードやローンの申し込みは申込と申込の間を三カ月空けないと余計に通りにくくなります。その理由を説明しています。
借金相談 匿名、無料でどこまで可能?
匿名、無料で借金相談が出来る「街角法律相談所」はどこまで相談が可能か?管理人の体験からお話ししています。
借金 減らない!債務整理と借金額のよくある誤解
任意整理などの債務整理をするべきか、自力返済を続けるべきか、その判断基準は借金の額だけではありません。3ヵ月、半年の単位で借金が減っているか、どうかが大切なポイントになります。
借金 返せない その時、多くの人が選んでしまう誤った選択とは?
借金が返せない、催促の電話が怖い、そんな時つい選んでしまうのが「他から借りて返す」という選択肢です。その方法は何も解決しません。私もそれで借金を増やしました。
無料法律相談に借金の相談をしたいけれど電話で何を話していいのか解らない
無料法律相談を利用してみたいけど何を話していいか解らない......それならば匿名のメール相談を利用してみることをお勧めします。
任意整理後、貯蓄を優先すべき?返済を優先すべき?
任意整理後、将来に向けて貯金するか、借金を先に返済するかをどう考えるべきか?最優先するのは生活資金です。
借金の督促 金融業者がしてはいけない10項目
借金の返済が期日までにできないと督促を受けることになります。この時、金融業者には守るべきルールがあります。知らないと損をする法律です。ぜひ、頭に入れておいてください。
借金の時効について
借金の時効(債務の時効)についてまとめてみました。