任意整理 体験談とその後の生活 妻にも家族にも内緒で借金132万円を整理した実話

借金を返せない時、やってはいけない事とは?

「借りたものは返しなさい」

 

そうやって教育を受けて来た私たちは、返せないと解った時にいくつかの選択の中で最も誤った方法を選びます。

 

それは別のところから「借りて返す」という方法です。

 

返済

 

借りたお金には利息がつきます。
それを借りて返すとさらに利息が増えます。
つまり借りて返すと借金は増えるのです。

 

選択としては完全に間違っている事は解っています。
そんな方法がすぐに行き詰まる事は解っているのです。

 

しかし借金や催促から逃れたいという一心で選んではいけない選択肢を選んでしまいます。
そして目先の責任を果たしたという一時的な安心感が「借金を増やした」という事実から目を反らしてしまいます。

 

債務整理する前の私がそうでした。

明日の自分はもっと優秀という誤解

「今日の自分が解決出来ない事も明日の自分ならきっと解決してくれる」

 

心理学の話になりますが、人間は誰しも今日の自分より明日の自分の方が優秀だと潜在的に考えているそうです。

 

この心理が生む行動が「先送り」です。

 

お金の事、仕事の事、政治にいたるまで、先送りして良かった事など無かったはずです。
問題は後になればなるほど、解決に大きなパワーが必要になります。

 

目先の返済のために別のところから借金をする。これも一種の先送りです。

 

増やした借金も未来の自分ならなんとかしてくれるはず。
数ヶ月後には収入が増えているかもしれない。

 

そんな期待感から私たちはつい先送りという選択をしてしまいます。
でも実際には未来の自分はスーパーマンではありません。

 

明日の自分は別人のように優秀になっている訳ではなく、今日の自分より24時間だけ多く生きているだけの人です。

 

先延ばしすればするほど、借り入れ額は大きくなり、みるみる行き詰まって行きます。

「借りて返す」はあくまで短期的な解決方法

もちろん借りて返す事が100%間違っている訳ではありません。
生活していれば色々な事があります。
避けられない出費もあるはずです。

 

  • 冠婚葬祭で急な出費があった。
  • 交通違反をして反則金や罰金を払わなければいけなくなった。
  • 怪我や病気で入院して医療費が発生した。

 

突然お金が必要になり、払う予定のお金が無くなったということは誰にだって起こることです。
一時的に別のところから借りて返す、または返したお金をまた借りるということを避けられない場合もあります。

 

しかしそれはあくまで一時的な話です。
返済のためにお金を借りる....それが日常的になっているならイエローカードです。
借りて返すを繰り返し、元金が一切減らず利息だけを払い続けている自転車操業になるのは時間の問題です。

 

借りて返すを3ヶ月続けているなら要注意

 

返済のための借金

自力返済か債務整理か

自らの力で返済をしていく自力返済をを続けて、借金を完済出来るのか?
法的な助けを借りて債務整理しなければ無理なのか?

 

借金で苦しむ期間が長くなればなるほど、冷静に判断が出来なくなります。

 

返済のためにお金を借りる事.....最初はきっと抵抗があったはずです。
回数を繰り返す度に感覚が麻痺します。罪悪感や後悔も薄れて行きます。

 

今月もなんとかなった、来月もなんとかなるはず。
そうやって問題を先送りしてしまいます。

第三者の手を借りて借金問題を解決に導く

当時の私は、借金問題のために弁護士さんや司法書士さんのお世話になる事は「カッコわるい」とか「恥ずかしい」という認識がありました。

 

しかし、任意整理をして生活を再建した今となっては、「返済のためにお金を借りる」事を愚かだと思わないあの頃が恥ずかしいと感じています。

 

私は先送りを続けた事で、20年以上続けていた貯蓄型の生命保険を解約しました。
子供の将来のためにと続けていた学資保険も借り入れで事実上空っぽです。

 

もっと早く任意整理していれば、失うものはもっと少なかったはずです。
借金の返済やブラックリストに乗る期間ももっと早く終わっていたでしょう。

 

関連記事:管理人の任意整理体験談

 

最後に債務整理することをおススメする訳ではありません。
ただ、返済のための借り入れを3ヶ月以上続けているなら、一度、専門家に相談することをおススメします。

 

法律事務所に行く事や電話をするのをためらうなら匿名で利用出来るメール相談もあります。
私もこのメール相談から、司法書士さんを知り、任意整理を決断しました。

街角相談所-法律-無料シュミレーター

ご自身の借金が債務整理可能かどうか知りたい場合は法律相談無料シュミレーターが便利です。
誰にも知られず匿名で法律の専門家に相談できます


街角相談所-法律-無料シュミレーター

管理人の任意整理はこの匿名メール相談サービスから始まりました。

  • 解決実績1万5,000件
  • 借金がどれくらい減るのか匿名・無料で診断
  • 匿名・無料のメール相談
  • 24時間受付

街角相談所-法律-無料シュミレーター




今すぐ取り立てを止めたいなら、法律事務所に相談しましょう。

初期費用ゼロ円、弁護士費用は分割にも対応しています。手元にお金が無くても依頼が可能です。

弁護士法人サンク総合法律事務所

債務整理の実績豊富なサンク総合法律事務所がおススメです。

  • 月600件以上の相談実績
  • 24時間 借金に関する無料相談
  • 初期費用 0円
  • 分割払いOK
  • 全国対応
  • 借金の督促がストップします

弁護士法人サンク総合法律事務所


関連ページ

任意整理後、車を持つ方法
任意整理後、自動車の買替や新規購入が必要になった場合のアドバイスをまとめています。
任意整理で私がまず最初に行った事
管理人が任意整理すると決めてまず最初に行った内容をまとめています。
任意整理時には整理対象外の借金も相談する
任意整理をする場合は、整理するしないに関わらずすべての債務(借金)を弁護士さんや司法書士さんに相談しましょう。その理由を説明しています。
法律無料相談はどこまで借金の相談に乗ってくれるの?
インターネットや電話の無料法律相談はどこまで借金の相談にのってくれるのでしょうか?管理人の実体験を紹介しています。
任意整理 返済期間の延長は可能?
任意整理後、再合意や返済期間の延長についてまとめています。
クレジットカードの申し込みは3ヵ月空ける方がいい
債務整理後、クレジットカードやローンの申し込みは申込と申込の間を三カ月空けないと余計に通りにくくなります。その理由を説明しています。
借金相談 匿名、無料でどこまで可能?
匿名、無料で借金相談が出来る「街角法律相談所」はどこまで相談が可能か?管理人の体験からお話ししています。
借金 減らない!債務整理と借金額のよくある誤解
任意整理などの債務整理をするべきか、自力返済を続けるべきか、その判断基準は借金の額だけではありません。3ヵ月、半年の単位で借金が減っているか、どうかが大切なポイントになります。
借金返済で家賃、公共料金の支払を滞納しているなら
借金返済で家賃や公共料金を滞納しているなら、それは危険信号です。行き詰まる前に対策が必要です。
無料法律相談に借金の相談をしたいけれど電話で何を話していいのか解らない
無料法律相談を利用してみたいけど何を話していいか解らない......それならば匿名のメール相談を利用してみることをお勧めします。
任意整理後、貯蓄を優先すべき?返済を優先すべき?
任意整理後、将来に向けて貯金するか、借金を先に返済するかをどう考えるべきか?最優先するのは生活資金です。
借金の督促 金融業者がしてはいけない10項目
借金の返済が期日までにできないと督促を受けることになります。この時、金融業者には守るべきルールがあります。知らないと損をする法律です。ぜひ、頭に入れておいてください。
借金の時効について
借金の時効(債務の時効)についてまとめてみました。