任意整理の期間 | 任意整理 体験談

任意整理の期間

任意整理では金融業者側が和解に応じてくれる返済期間が一般的には3年(36回)、最長でも5年(60回)とされています。

 

弁護士さんや司法書士さんも通常36回を奨めてこられます。
なぜなら、5年(60回)にすると毎月の返済額は減りますが、やはり長期に渡るので辛くなります。

 

任意整理中は返済は楽になるとはいえお金を切り詰めて毎月の支払額を確保するのは大変です。
長期になればなるほど病気や仕事の都合などで支払が難しくなる可能性も出て来ます。
出費を我慢して3年くらいで返済する方が最終的に楽だと思います。

 

管理人は4社あった債務を全て任意整理できなかったため、最初の一年間は和解した3社と和解を断念した1社に二重で支払う必要がありました。そのため毎月の返済額を少しでも減らすため返済期間を5年にしてもらい最初の二年で他の債務を返済する方法を選択しました。

任意整理の期間とブラックリスト

よく誤解をされるのが任意整理の期間とブラックリストに載る期間の関係です。

 

一般的に早く返済を済ませた方がペナルティが軽くなると思いがちですが、実際には関係はありません。
ブラックリスト、つまり信用情報に事故記録が載るのは任意整理をしたときです。

 

そこから5年間は信用情報に記録が残りますので、5年間は新しい借り入れやクレジット契約が難しくなるのです。
3年で返済したからといって事故記録が早く消えるわけではありません。

 

返済期間にかかわらず任意整理の場合5年間は信用情報に記録が残ります。

 

ブラックリストに載る期間が変わらないなら5年で返済する方がいい?

確かに金利がカットされている状態なら、3年より5年で返済する方が支払の負担は軽くなります。
しかし、返済が長期にわたると、仕事上や健康面の理由で返済が困難になるリスクも増えてしまいます。

 

管理人は5年を選択しました。
毎月の返済額が減るというのはありがたいですが、やはり期間的な負担が長いのは厳しかったです。

 

5年という期間はやはり長いです。
5年という期間でいろいろと変化が出てお金の使い道も変わってきます。

 

返済に追われるのも家族にお金のことで隠し事するのも二度と御免です。
生活は切り詰めて少しでもお金を残さないと不安で仕方ありませんでした。
おかげで貯金する習慣が出来ました。

 

無理して3年で破綻するなら5年にして余裕をもって返済する方が賢明です。
可能ならば3年で期間的な負担を軽くするのも正しい選択肢だと思います。

 

どうかバランスを考えて選択してください。

街角相談所-法律-無料シュミレーター

ご自身の借金が債務整理可能かどうか知りたい場合は法律相談無料シュミレーターが便利です。
誰にも知られず匿名で法律の専門家に相談できます


街角相談所-法律-無料シュミレーター

管理人の任意整理はこの匿名メール相談サービスから始まりました。

  • 解決実績1万5,000件
  • 借金がどれくらい減るのか匿名・無料で診断
  • 匿名・無料のメール相談
  • 24時間受付

街角相談所-法律-無料シュミレーター




今すぐ取り立てを止めたいなら、法律事務所に相談しましょう。

初期費用ゼロ円、弁護士費用は分割にも対応しています。手元にお金が無くても依頼が可能です。

弁護士法人サンク総合法律事務所

債務整理の実績豊富なサンク総合法律事務所がおススメです。

  • 月600件以上の相談実績
  • 24時間 借金に関する無料相談
  • 初期費用 0円
  • 分割払いOK
  • 全国対応
  • 借金の督促がストップします

弁護士法人サンク総合法律事務所


関連ページ

任意整理とは?
債務整理のひとつ「任意整理」について法律の専門家ではなく経験者として説明しています。
任意整理のメリット・デメリット
債務整理のひとつ「任意整理のメリット・デメリット」について法律の専門家ではなく経験者として説明しています。
任意整理と自己破産
債務整理の方法である自己破産と任意整理の違いを任意整理経験者として説明しています。
任意整理と個人再生
債務整理の方法である個人再生と任意整理の違いを任意整理経験者として説明しています。
任意整理 弁護士と司法書士
任意整理手続きを依頼する場合の弁護士と司法書士の違いを任意整理経験者として説明しています。
任意整理の費用
債務整理の費用について経験者として実体験を交えて説明しています。
任意整理の返済方法
任意整理の和解成立後の返済方法についてまとめました
過払い金とは?
任意整理と過払い金について、任意整理経験者の立場から説明しています。
多重債務とは?
多重債務について、実体験を交えて説明しています。
任意整理と信用情報(ブラックリスト)
債務整理のひとつの方法である任意整理とブラックリストの関係を経験を交えて説明しています。